こんにちは、理学療法士の佐々木です。
だんだんと蒸し暑い日が増えてきましたね。
今や、テレビでも事あるごとに熱中症対策を呼びかけていますが、それでも毎年多くの方が熱中症になっておられます。
当事業所の看護部でも利用者さん向けに熱中症対策のパンフレットを作成してお配りしています。

私たち療法士も、この時期利用者さんの体調管理には特に気を配っています。
利用者さんの多くは高齢の方であり、私たち以上に堪える季節です。
バイタルを測ることはもちろん、室温は適当か、睡眠はきちんと取れているか、食事・水分はきちんと摂れているか、一つ一つ確認しながら進めています。
利用者さんの疲れ具合を観ながら運動量を調整し、運動の合間には水分補給を促すなど、疲労が溜まらないよう心掛けています。
なかなかしんどいとは口にされず頑張りすぎる方もおられるので、それを察知してセーブするのも私たちの役目です。

全ての利用者さんがご自宅で今年の夏を乗り切れるよう、サポートしてきたいと思います。
このブログを読んで下さっている皆さんも、元気に今年の夏を乗り切りましょう!
unnamed