お盆を過ぎましたが、暑い毎日が続いていますがいかがお過ごしですか?今年は台風、豪雨と続き
あちこちに甚大な被害がでているのですがブログをご覧の皆様のところは大丈夫だったでしょうか?

今年は例年に比べると朝晩は比較的に涼しい日が多いですが、日中はまだまだ蒸し暑い毎日が続いています。
ブログをご覧の皆様、まだまだ熱中症を発症する時期なので、お気をつけくださいね。

以下に簡単に熱中症についての豆知識を掲載します。
暑い夏を乗り切るための参考にしてくださいね。                  

①炎天下で倒れる。ちょっとふらふらする。めまいがする   →熱失神(血圧低下、失神)
②時間が経ち汗をかいたり呼吸から水分が蒸発し脱水が進行  1)→血液中の水分が失われる 熱痙攣(筋力低下、攣縮=一時的に血管が収縮をおこす状態)→2)水が蒸発する 熱疲労(体温上昇、口渇)

熱中症の外的要因として 気温・湿度・風・放射(輻射)の4つが関わってきます。
なので熱中症にならないため環境を整えるためには①日照を避ける、発熱体を遠ざける②エアコンを除湿または冷房(できれば25度程度)③扇風機をかけたりし風を循環させることが必要になってきます。