最近、毎日のようにインフルエンザ流行のニュースを聞かれますね。
この時期にインフルエンザが流行りやすいのは気温が低いこともありますが、
乾燥していることも大きな誘因となっています。

空気が乾燥しているとウイルスが生き残りやすい上に、人の免疫機能も低下してしまいます。
普段は鼻、喉、気管の粘膜がウイルスを外に出そうとする働きが、
粘膜が乾燥してしまうと上手く機能しなくなり、傷つきやすくなってしまい感染しやすくなってしまいます。

屋内で過ごすときは、エアコンや電気ストーブは熱を出すときに水蒸気が出ないので特に乾燥しやすいです。
そのような時は、濡れタオルを干したり、加湿器を使用することをおすすめします。
また、屋外に出られるときにはマスクを着用することも保湿するために有効です。
マスクをつけるときはしっかり鼻まで覆うことで十分な効果が得られます。

予防のために手洗い・うがいに加え、保湿・加湿も見直してみてはいかがでしょうか。

ブログ


看護師 坂