どこに行っても、「暑い、暑い!!」と開口一番言ってしまう毎日、皆さんはどうお過ごしでしょうか?

連日暑い日が続き、京都では39度台を記録、発熱なみの猛暑が続いています。
家から出るのが辛いこの季節、怖いのが「熱中症」です。
救急車のサイレンを聞くたびに、また搬送されたのかなと思ってしまいます。

熱中症の症状は、体温が上昇し、脱水による症状が主な症状と言われています。
頭痛、めまい、ほてり、嘔気、筋肉痛、脱力感、意識障害などが挙げられます。
熱中症を予防するには、適度な運動に十分な休息、
こまめな水分補給、水分だけでなく塩分も大切だと言われています。
あれ?おかしいなと感じた時には、日差しをよけ、冷却グッズなどで体を冷やし、
水分補給、休息をとるなど早めの対応をとりましょう。

家の中にいるから安心ではなく、家の中にいても熱中症になることを念頭において、
室温管理など行い、十分に注意しながらこの猛暑を乗り切りましょう!!

ブログ



看護師 田中