皆様、ずいぶんと春めいてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
寒かった季節がやっと終りますが、花粉の季節の到来です。
私の周りにも花粉症に悩まされている方は多く、私もひどくはありませんが目のかゆみや喉の痛みなどの症状が最近出てきています。
これからの季節、果物もおいしくなるのですが、最近ニュースなどで花粉症患者の10人に1人は口腔アレルギー症候群と言われているのをご存じでしょうか。
私もメロン多く食べると喉がイガイガしてきます。
知人はリンゴを食べて、呼吸が出来ないくらい喉が腫れました。
怖いな!と感じたため、花粉症と野菜や果物で起きる口腔アレルギー症候群について書かせていただきます。

口腔アレルギー症候群とは、特定の新鮮な生の果物や野菜を食べると、およそ15分以内に唇、口やのどにかゆみやイガイガするような症状を感じることです。
まれに鼻水や結膜の充血、咳や喘息、呼吸困難、腹痛、下痢、じんましんを引き起こす場合もあります。更に激しい場合には、急激に血圧が低下し意識がなくなるなどショック状態に陥る「アナフィラキシーショック」を起こすこともあるため、注意が必要です。
特定の果物や野菜に含まれるアレルゲンの構造は、花粉のアレルゲンと構造がよく似ています。そのため特定の果物や野菜を食べると、花粉が侵入してきたと勘違いし、アレルギー症状を起こすのです。

blog用-1

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の図は、スギ花粉とトマトはアレルゲンの形が似ているため、口腔アレルギー症候群を起こしやすいのです。
私はメロンを食べると喉がイガイガするので、イネ科やヨモギ・ブタクサの花粉にアレルギーがあるかもしれません。

これからの季節は野菜や果物がおいしくなりますが、アレルギーが出やすい食品を知りその食品以外のものをおいしくいただきたいものですね。

看護師s.w