みなさま、初めまして。今回初めてブログを担当させていただきます。

作業療法士の芝田です。

 

4月に入職させていただき、早7ヶ月と少し…秋も深まり、バイクのハンドルを持つ手も悴む季節になって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?(…月並みなご挨拶で申し訳ありません)

 

現在、私は皆様のお宅にお邪魔させていただく訪問業務の他に地域の方々向けの体操や研修・講座の講師も担当させていただいております。%e4%bd%93%e6%93%8d%e6%95%99%e5%ae%a41                                        <11/1 に実施した右京区葛野学区一次予防の一コマ>

今回はその中でお話しさせていただいた「介護予防」のコツのお話をこちらで紹介させていただきたいと思います。

 

皆様にもちょっとした衣替えやちょっとした本棚の掃除・整理、お風呂の蓋掃除、ちょっとした買い物などなど…皆様それぞれに「面倒だなー。また明日でいいか」とついつい後回しにしてしまうことはありませんか?

 

私自身、思い返してみるとついつい後回しにしてしまい気がつけばそのまま…ということは少なくないように思います。

 

リハビリ職には「生活行為に勝るリハビリなし」という格言があります。

60分の体操よりも30分の家事や外出が大切だと私は思います。

 

つまり、日々の中にあるすこーしだけ面倒なことを1つだけ頑張ること(もちろん1日で終わらせる必要はありません)の積み重ねが介護予防に繋がるのではないでしょうか。

 

これを書き終えたら、まずは部屋の隅で寂しそうにしている扇風機を片付けに行こうかな…。あ、そういえば靴の手入れもしばらくしてないなぁ…。

改めて思い返すと次々出てくるものです。

 

“すこーしだけ”頑張ることが長続きの秘訣です。くれぐれもご無理のないようご自愛くださいませ。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

作業療法士 芝田

%e3%81%8f%e3%81%a4