今年は残暑が厳しいとの予報どおり、毎日厳しい暑さが続いています。
もう少しで9月、この暑さもあともう少しの我慢でしょうか?

今年の夏は4年の一度の オリンピックの年でしたね。
開催地はリオデジャネイロであり、時差のため目覚めとともに朝テレビをつけ結果をみるのが
毎日楽しみでした。

どの競技においても、感動のドラマがあり、表彰台にたつ選手の姿をみていると涙が溢れてきました。
その感動の裏側には、小さい頃から毎日毎日積み上げてきた練習の数、
そしてどんなに苦しくても諦めずにやってきたことが実を結びそしてそれを発揮できたからこそ感動を与え、
勇気がもらえるのだと思いました。

訪問看護の現場においても、「継続は力なり」だと実感させていただいています!!
アドバイスしたことを日々実行していただいている方、
提案させていただいた運動を日々継続していただいている方
足の洗浄や保湿を毎日継続していただいている方など
どれもすぐに効果を実感できることではありませんが、
少しの変化を感じられたと実感された時、その喜びを一緒に分かち合えることをとても光栄に思います。
またそれを伝えてくださるみなさんの表情が私は大好きです。

そんな皆さんに負けないよう、私も自分のメンテナンスのためはじめた日々のウォーキングを継続し、
また常に利用者の方にとって良いケアを提供出来るように、頑張っていきたいと思います。

看護師 髙木

リオ オリンピック