こんにちは!事務の谷垣です。
わたしには小さい頃から、大大大大大っ嫌いな場所があります。
キーーーンという音、独特の空気、叱られるんじゃないかという不安…
そう、歯医者さんです。

虫歯があるのはわかっていたんですが、歯医者さんに行くのが億劫で、
何年も何年も放ったらかしにしていました。
そんなある日、通勤電車の中で突然激痛に襲われたのです。
久しぶりの歯痛は本当に痛くて痛くて…
歯医者さんに行くのは何年ぶりだったでしょうか。
中に入ってびっくり!
今の歯医者さんて、すごくきれいで、設備も整っているんですね。
診察台にあがり、緊張してカチコチになっているわたしを見て、
きれいな歯科助手のお姉さんが優しく対応して緊張を解いてくれました。
そして診察が始まり、痛くてたまらない大きな虫歯の応急処置をしてもらい、
最後に、これまたきれいな歯科衛生士の先生に、正しい歯磨きのしかたを教えてもらって、
この日は終了。
診察の結果、今回痛んだ大きな虫歯の他にも、横向きに生えている親知らずや、いくつかの小さい虫歯も見つかり、これから削ったり抜いたり被せたり、お口の中を大工事することになりました。

ha怖い怖いと思っていた歯医者さんは、いざ行ってみるとそんなに怖いところではなくて、
もっと早くに受診したり、定期的に診察してもらっていれば、こんな大工事にはならなかったのにな、と少し後悔。
体の不調は自分にしかわからないので、歯医者さんに限らずとも、おかしいなと感じた時に、ちゃんと診てもらうことが大事だなと思った出来事でした。

 

特にこれからどんどん寒くなって、インフルエンザや風邪も流行り始める季節です。
事業所でもマスクを常備したり、スタッフ全員インフルエンザワクチンを打ったりと、冬に向けて備えています。
何事もまずは予防!それでも体調を壊してしまったら、早めの対処を心掛けたいものですね。