こんにちは。秋の訪れを感じるようになりました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

酷暑、台風、地震、、日本は気候の変化が激しく、
体が変化についていけずに体調を崩してしまうことがあります。
そこで今日は東洋医学の考え方を紹介したいと思います。

秋という季節は、本来は夏の疲れを癒し、
冬に向けて準備をする季節です。
ところが最近の季節は残暑が厳しいまま、
一気に寒くなる。。といった、秋が短い傾向にあります。

そして注意したいのは乾燥と冷えです。
特に一番影響がでやすいですのは、気管支系です。

疲れに注意しながら適度に体を動かし、
体を温めることがよいと言われています。
食べ物も大事です。
レンコン、しいたけ、まいたけ、菊の花、梨がよいと言われています。

その日の利用者さまの体調等だけでなく、
天候や季節ごとの特徴、影響も考慮しながら、
楽しみながらリハビリをしていけたらと思います。

image


写真は今年飼っていたかぶとむしです。

理学療法士 小山