今年も残すところ1ヶ月になりました。
みなさま一年の締めくくりを元気に過ごしたいものですね。

前回に引き続きインフルエンザのお話をしてみたいと思います。
「あいうべ体操」を皆さまご存知でしょうか?
ここ数年でちらちらと聞くようになったのですが、
こちらの体操はインフルエンザ予防にも効果があると、
保育園や老人施設などで取り入れられているところもあるようです。

あいうべ体操とは、口を大きく
「あー」
「いー」
「うー」
「べー」
と動かしていく簡単な体操で、1日30回が目安です。
口を動かすことにより、口呼吸を鼻呼吸に変えてゆくのが目的です。

なぜインフルエンザ予防に効果があるかというと、
鼻呼吸に変えることで、鼻の中を流れる粘液と小さな毛が空気をきれいにろ過してくれるため、病気を防いでくれるそうです。
また、肺は冷たい空気に弱いのですが、鼻の中を通っていくことで体温近くまで暖められ、インフルエンザにかかりにくくなります。

鼻は天然の「マスク」ともよばれるそうですよ。鼻呼吸効果すごいですよね。

あいうべ体操のほかの効果として、飲み込みの機能の維持や脳の活性化、ダイエット、小顔効果なども紹介されています。

皆様も簡単に始められるので、よければお試しください。

ブログ



言語聴覚士 田中